コンテンツは検索上位か精読率か


この記事の所要時間: 127

License Some rights reserved by jakebouma

コンテンツのマイクロ化

Twitter、Facebook,Tumblr,Pinterestとコンテンツはどんどんマイクロ化が進んでいます。
一昔前はブログ、ホームページで多くの文章を書き「わかってもらいたい」という発信でした。
「わかってもらいたい」とは

  • 検索エインジンに対して(検索上位)
  • ユーザーに対して(精読率)

コンテンツで商売したいのか

ウェブサイトを通じてビジネスへつなげるため、
何をアピールするのか、自社のサービスを中心に考えた場合、
サービスに対して認知をあげて集客する必要があります。

コンテンツがマイクロ化すると、コンテンツで商売をしたい
コンテンツビジネス展開のなってきます。

伝える技術

結論は伝える技術です。
伝える技術はターゲットによって変わります。

検索エインジンに対して(検索上位)

SEOは死んだと昨年言われてきました。
ただし基本的SEO施策は必要です。
本当ひ必要なキーワードを自ら考えたり、アドバイスツールやアクセス解析から参考ヒントも受け実装させます。
キーワードありきのコンテンツでありホームページです。
ホームページに対するキーワードとは逆の発想です。
回遊や導線を考える上でとても重要な施策です。

ユーザーに対して(精読率)

ユーザーに対しては、ありのままを伝える。
時間はかかりますが、ユーザーが貴社に対して一番安心を与える施策になります。
文章を構造で考えて展開していきます。
回遊より離脱率を抑えることを考えて施策を施します。

記事で展開するととても簡単ではですが、全ては経験値。
まずは自社のビジネスを考えて何をすべきか、
是非この機会に弊社へご相談下さい。