ウェブサイトで売上があがらない5の理由と解決方法

ウェブサイトで売上があがらない理由

会社のほとんどがウェブサイトを持っているはずです。
ウェブサイトは何のためにありますか? その問に対する答えは「売上につなげるため」。
つまり事業成果です。
事業成果のためにウェブサイトを運営しているのならば、より多くの売上が欲しくないですか?

ここではこのような悩みをもつ経営者やウェブ担当者向けのコンテンツです。

ウェブサイトで売上があがらない5の理由と解決方法

MacBook Pro near green potted plant on table

ウェブサイト運営において、売上を伸ばすことは多くの会社にとって最重要課題の一つです。
しかし、実際には多くのウェブサイトが思うように売上を伸ばせずに苦労しています。売上が伸び悩む理由はさまざまありますが、大きく分けると以下の5つが主な要因と言えます。

  1. サイトへの集客力不足
  2. サイト自体の魅力不足
  3. 商品・サービスの訴求力不足
  4. 競合との差別化の欠如
  5. マーケティング施策の不備

これらの要因が複合的に絡み合うことで、ウェブサイトの売上が伸び悩む状況に陥っているのです。

例えば、優れた商品を扱っていても、サイトへの集客力が弱ければ認知されず売上は見込めません。
一方でサイトへの流入数は多くても、サイトの使いにくさやコンテンツの質の低さから購買に至らない、といったケースも考えられます。

また、競合サイトと明確な差別化を図れていないと、ユーザーに選ばれる理由がなくなってしまいます。

さらに、サイトに流入してきた潜在顧客を、いかに効果的に顧客化できるかも大きなカギとなります。
マーケティングの観点が欠如していれば、コンバージョン率が低迷し、結果として売上が伸び悩むことになります。

このように、ウェブサイトの売上が上がらない背景には、さまざまな要因が複雑に関係しています。売上アップに向けては、まずこれらの原因を的確に分析し、抽出することが何よりも重要となります。このコンテンツでは、それらの具体的な分析手法と、原因に対する適切な対策について解説していきます。

■ポイント

  • SEO&SNSで集客力アップ!
  • 魅力コンテンツで顧客を魅了!
  • 差別化戦略で唯一無二の存在に!

ハマ企画では ウェブサイトで事業成果を出すためのチェックリストを作成しました。
具体的な施策の章をお読みになる前に、一度あなたのウェブサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

アクセス解析ツールでの行動分析で売上を伸ばす

ウェブサイトで売上を伸ばすための第一歩は、現状を正しく把握することです。
そのためには、アクセス解析ツールを活用し、サイトへの流入経路や滞在時間、離脱率など、ユーザーの実際の行動を徹底的に分析する必要があります。

この分析で、サイトへの集客力不足、サイト自体の魅力不足、商品・サービスの訴求力不足などが解決できます。

代表的なアクセス解析ツールとして、Google アナリティクス(GA4)Search Consoleが挙げられます。
これらのツールを組み合わせて、ウェブサイトの現状を多角的に把握することができます。

GA4では、ユーザーの詳細な行動履歴をイベントベースで収集・分析できます。
具体的には、サイトへの流入経路やページ滞在時間、コンバージョン(キーイベント)経路、離脱率など、売上に直結するデータを細かく確認できます。
例えば、ある販売ページで大量の離脱が発生しているのであれば、その原因を特定して改善する必要があります。

一方のSearch Consoleは、サイトへの検索クエリや検索順位、CTR(クリック率)などの情報を提供してくれます。SEO対策の中心的なツールですが、顧客がどのようなキーワードでサイトにアクセスしているのかを知ることができ、新たなコンテンツのヒントにもなります。

これらのデータを掛け合わせて分析することで、ウェブサイトの課題が見えてきます。
具体的には以下のようなポイントを確認します。

  • サイトへの流入経路がGA4とSearch Consoleで一致しているか
  • どの経路やキーワードからアクセスしてくる顧客が購買に至っているか
  • 購入にいたるランディングページはどのページなのか
  • コンバージョン経路に課題が潜んでいないか
  • 各種指標に顕著な変動はないかエンゲージメントで確認をする

こういった詳細な行動分析を徹底的に行なうことで、問題の背景にある原因や改善のヒントを見つけ出すことができるのです。

アクセス解析ツールでのデータ収集と分析は、ウェブサイト改善の出発点となります。
GA4とSearch Consoleを組み合わせた綿密な行動分析を欠かさず、そこから見えてくる課題や原因に対して着実に対策を立てていくことで売上アップにつながるはずです。

■ポイント

  • 顧客行動を丸裸にして、売上アップのヒントを探そう!
  • 顧客の検索キーワードを分析して、SEO対策を強化しよう!
  • GA4とSearch Consoleを掛け合わせて、課題を浮き彫りにしよう!

アクセス解析ツールによる行動分析方法、自社でも対応が可能ですし、ハマ企画にご依頼をいただいても可能です。
アクセス解析ツールによる分析への相談はこちらからとなります。

サイトの魅力度と使いやすさを改善するには

ウェブサイトの売上を伸ばすためには、単にアクセス数を増やすだけでは不十分です。
アクセス数だけを増やすと、意図しないユーザが増えてエンゲージメントが下がります。エンゲージメントの低下はSEO対策にも影響をもたらすのです。

それでは具体的にどのような改善をすればいいのか…

あなたのウェブサイトに訪問したユーザーが実際にサイトを楽しみ、使いやすいと感じられるかどうかが大きな鍵となります。
サイトの魅力度と使いやすさ(ユーザビリティ)が低ければ、せっかく集客できても簡単に離脱されてしまい、売上に結びつきません。

そこで重要になるのが、ユーザー体験(UX)の適切な評価と改善です。ユーザーにとってサイトがどのように映るのか、細かな動線までをチェックし、不便や不満がないかを検証する必要があります。

UXを可視化し、効率的に改善につなげられるツールの一つが「Clarity」です。

Clarityを利用すれば、ユーザーのマウスの動きやクリック動線、スクロール動作などの詳細なセッションデータを収集・記録できます。文字通り訪問者の視点に立って、サイトの使いやすさを確認できるのです。

データを精査することで以下のようなUXの課題が浮かび上がってきます。

  • ナビゲーションの分かりづらさ
  • 各ページの操作性の悪さ
  • 必要な情報が見つけにくい
  • デザインが古くさったりごちゃごちゃした印象
  • 文章が冗長で読みづらい

こうした課題が売上に大きな影響を及ぼす可能性があります。

Clarityで収集したデータを基に、ページごとに具体的な改善点を洗い出し、ユーザーの疑問や不満を一つずつ解消していくことが重要です。

ツールでのデータ収集だけでなく、実際にユーザーテストなども行い、外部の目線で使いやすさを検証するのも有効です。自社の人間では気づきにくい点も、第三者の意見を参考にすることでUXの課題が見えてくるでしょう。

サイトの魅力度とユーザビリティを計画的に高めていけば、訪問者の満足度が格段に向上します。

結果としてサイト滞在時間が延び、離脱率が下がり、ひいては購買意欲の向上や売上のアップにもつながっていくはずです。この点を怠らずに継続的に改善していくことが、ウェブサイトの成功の大きな鍵となるのです。

Clarityは導入するだけで、改善のポイントがわかるツールです。今すぐあなたのサイトにインストールをして活用をしてください。 もしインストール方法や利用方法がわからない場合はご相談ください

■ポイント

  • ユーザー目線で徹底分析しよう!
  • 課題を洗い出し、改善点を明確にしよう!
  • ユーザーテストで客観的な視点を取り入れよう!

商品・サービスの訴求力不足はユーザーの声の収集と分析方法で解決

man wearing gray polo shirt beside dry-erase board

ウェブサイトで売上を伸ばすためには、ユーザーの生の声に耳を傾けることが非常に重要です。GA4やSearch Consoleだけでは見えにくい、ユーザーの本音や潜在的なニーズを把握することができます。

ユーザーの声を収集するための具体的な方法は以下のようなものが考えられます。

  1. サイト内アンケート ポップアップやサイドバーを使ってアンケートを実施し、訪問者に直接意見を聞く。
    質問項目はサイトの使いやすさや情報の分かりやすさ、商品・サービスへの満足度など。
    HubSoptjuicerというツールがおすすめです。
  2. SNSでの声の収集 TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSで、自社サイトやサービスに関する投稿の収集と分析を行う。良い評判も悪い評判もすべてチェックが必要。
    ソーシャルリスニングという手法です。SNSは手軽に始められるサービスですので、今すぐサービスを開始してくだい。
  3. レビューサイトの確認 楽天やAmazon、価格.comなどのレビューサイトで、自社の商品やサービスについての評価や口コミをしっかりと把握する。
    商品を販売していない場合、Google ビジネスプロフィール(Google Map対策)でもいでしょう
  4. ユーザーインタビュー 実際の利用者にオンラインや対面で直接インタビューを行い、細かな使用感やフィードバックを聞く。より深い気づきが得られる。
    取引のお客さまへ納品時に必ず聞くまたはアンケートにお応えいただく業務フローができれば簡単です。
  5. ユーザーテスト 製品やサービス、サイトの使いやすさを実際のユーザーに試してもらい、問題点を洗い出す。動画での記録も効果的。ツールを使うと難しいですが、Clarityで代用することが可能です。

こうしたさまざまな手段を複合的に活用することで、ユーザーの生の声を幅広く収集することができます。
単にクレームなどの苦情だけではなく、満足の声やアイデアなども大切なデータとなります。

収集した声は内容を適切に分類・分析し、実際にサイトやサービスの改善に活かしていく必要があります。単なるクレームには真摯に対応するだけでなく、ユーザーのニーズをくみ取って新たな価値創造につなげていくことも重要になってきます。

こうした、ユーザーの生の声の収集とデータ化、そして分析による深い気づきが、ウェブサイトにおける真のユーザー中心のサービス向上に繋がるのです。
ユーザー理解を深めることで、魅力的なサイトを構築し、結果として売上拡大を実現できるはずです。

■ポイント

  • アンケートでユーザーの本音を聞き出そう!
  • SNSで口コミを徹底分析しよう!
  • ユーザーインタビューで深い気づきを得よう!

競合サイトとの徹底比較で売上を伸ばす

ウェブサイトで確実に売上を伸ばすためには、自社サイトの強みや弱みを客観的に把握する必要があります。そのためには、同じ業界や分野における競合サイトと、徹底的に比較検討を行うことが重要になります。

競合サイトとの比較によって、以下のような点を確認できます。

  1. 自社サイトの独自性や差別化ポイント
  2. 自社サイトの課題や劣っている部分
  3. 競合他社が行っている優れた施策
  4. 価格競争力の違い
  5. ターゲット層の違い

これらの確認を通じて、自社サイトをさらにブラッシュアップする手がかりが見えてくるはずです。

競合比較の具体的な手順としては、まずはしっかりと競合サイトを特定することから始まります。
キーワード検索での上位表示サイトや、同業他社のサイトを洗い出します。そして、以下のような側面から徹底的に比較チェックを行います。

・全体の見た目、デザイン ・ユーザビリティ、使いやすさ ・コンテンツや情報の質と量
・価格設定、サービスプランの内容 ・特典やサポートなどの付加価値 ・SEOの施策状況 ・マーケティング施策の種類と頻度

競合調査ツールを活用すれば、アクセス数や流入経路、検索クエリなどの比較検証も可能です。

ハマ企画ではahrefというツールを活用し比較検証をしています。

こうした比較を徹底的に行なうことで、自社の強みが何で、弱みが何なのかが見えてきます。

例えば、サービス自体の魅力は高いがSEO施策が不足していれば、検索からのアクセスが伸び悩んでいることが分かります。

自社の現状を明確に把握した上で、今後の改善点や施策の方向性を考えられるようになります。優れた点は伸ばし、課題となる部分については競合を参考に改善を重ねていく、といった具合です。

あくまでも単に模倣や追随するのではなく、競合他社の施策を参考にしつつ、それ以上の独自の価値を打ち出せるサイト作りを目指すことが大切です。他に無い魅力的なサイトを構築し、ユーザーに選ばれる存在になれば、確実に売上アップに繋がるはずです。

■ポイント

  • 強み・弱みを徹底分析しよう!
  • デザイン、使いやすさ、コンテンツなどを比較しよう!
  • SEO、マーケティング施策も比較検証しよう!

例えば、徹底したサイト分析で売上が2倍に を目標に

今回の提案内容をまず受け止めましょう。

ウェブサイトで売上を伸ばすために、ここまでで解説したさまざまな分析手法を具体的に実践した結果、劇的な改善効果を実現できる可能性があります。

さて、ここから先は皆さんの想像を高めてワクワクしてみてください。

例えば、あなたの会社のウェブサイトを行動分析ツールのGA4とSearch Consoleで詳細に分析を行なったところ、検索経由の集客数は多いものの、コンバージョン率が低調であることが判明しました。

さらにClarityでのUXデータ収集やユーザーテストを重ねた結果、サイトの使いづらさやコンテンツの分かりにくさが顧客離れにつながっていることが分かりました。

一方で、競合サイトとの徹底比較を行なったところ、自社の商品自体の魅力やサービスの質は遜色ないものの、サイトのUIやコピーライティング、ナビゲーション設計が不十分であることが課題として浮かび上がりました。
そこで、分析から得られた気づきを基に、以下の大胆な改善策を講じることにします。

・サイトのUIデザインを全面的に一新 ・購入ナビゲーションとコピーライティングの見直し
・商品ページにわかりやすい動画コンテンツの追加 ・スマートフォン対応の最適化 ・SEOコンテンツの改善

数ヶ月に渡る地道な改善作業を経て、新しいサイトがリリースされると、顕著な変化が表れます。
まず検索経由の流入数が1.5倍に増加。

ユーザーの評判も「使いやすくなった」「商品の魅力が伝わる」といった声が相次ぐ。
そして何より、サイトのコンバージョン率が2倍近くにアップ。
改善前は3%程度だったのが5%を超えるようになり、結果として売上げは2倍近くにまで伸びました!

このように、ウェブサイト上の課題を徹底的に分析し、抽出した上で適切な対策を講じれば、抜本的な改善が実現可能です。
売り上げを2倍以上に伸ばすなど、目に見える劇的な効果を生み出す可能性もあります!

これは例えばの例です。
皆さんも分析と改善を繰り返すことでウェブサイトで売上をあげることができます。

今回お伝えした手法は、私たちの業界では一般的な方法であり、根気よく続けることで必ず成果をもたらします。

諦めず続けることが大切です。

付け加えますが、
分析は単に問題点を洗い出すだけでなく、今後の道しるべにもなります。そのプロセスをきちんと踏めば、売上アップに向けた正しい方向性を見出せるはずです。
サイト改善に着手する前に、まずは徹底したデータ分析を欠かさないことが何より大切なのです。

ウェブサイトで売上をあげるには

ウェブサイトで売上をあげるには、「ウェブサイトで売上があがらない」原因を掴み改善すればいいのです。
ここで伝えた5つの理由を目標に改善をすすめればウェブサイトで売上をあげることができるでしょう

  1. サイトへの集客力不足 → 集客力をつける、まずはSEO対策、広告はその後
  2. サイト自体の魅力不足 → 自社のあり方を尖らせる、何を誰に提供をするのか明らかにする
  3. 商品・サービスの訴求力不足 → わかりやすく商品・サービスを伝えることでで訴求力が上がります
  4. 競合との差別化の欠如 → 自社が競合よりどのあたりが優れているのかを明確にします
  5. マーケティング施策の不備 → 1から4までを行った上でマーケティングとなります

つまり、自社のあり方を組み立てて、誰に感謝されるサービスなのか、その人目線でウェブサイトを作成することです。

簡単に書きましたが、とても大変な作業です。 サイトを制作し、検証をするというPDCAを回しながら根気よく続けていきましょう。


まとめ

ウェブサイトで売上を伸ばしたいあなたへ。
「ウェブサイトで売上があがらない理由」は最初の章で終わらせたのは、売上があがらない理由よりどうしたら売上があがるのかという内容をお伝えしたかったからです。

それでは、このコンテンツのまとめに入ります。

売上を上げるためにはまずは原因を徹底して分析することが大切です。アクセス解析ツールでユーザー行動を分析し、UXデータや顧客の声も収集、さらに競合サイトとも比較しましょう。そうすれば必ず原因が見えてくるはずです。

次に、SEO対策、UIデザイン改善、新コンテンツ投入、マーケティング強化など、あらゆる側面から具体的な改善策を実行に移します。

そして最後に重要なのが、PDCAサイクルを確実に回し続けること。一過性の改善では意味がありません。常に分析と改善を繰り返す。このサイクルこそが鍵なのです。

このようなデータ主導の徹底分析と、あくなき改善の努力を怠らなければ、売上は必ず大幅に伸びるでしょう。実例でも2倍以上の劇的なアップが実現できています。

基本中の基本をお伝えしました。
これを読んだ方の中には、「知っている」という方も多いと思います。
「知っている」とい方はウェブサイトで売上がのびましたか? もし売上がのびていないのなら、まだまだ実践・実行が足りないということです。

売上をあげるための原理原則は同じです。

だからこそ、実践。
売上向上への道のりは決して簡単ではありませんが、あなたもこの一歩を踏み出してみませんか?