Webサイトの評価


この記事の所要時間: 148

本日のRBB TODAYに
「Webサイト価値ランキング2011」、前年4位の全日空が1位に
というものを見つけました。

こちらの場合は、アンケートに対してどの位の人数にどういう内容だったか明示していますが、こういったランキングや評価であまり内容等を明確にしていないものも中にはあります。

弊社に「○○(企業名)から『御社のサイト評価をしたところ20点でした』というものをもらったのだけど、こんなに低い点数でどうしよう」というご相談を何件か頂いた事があります。

それも評価を依頼したわけではなく、勝手にサイト評価をしてきたのだとか。
多分「営業手法」のひとつだという事はわかるのですが、
お客様の不安を煽っています。

弊社でも「官公庁・自治体」のWebサイトの評価を一部でさせて頂いています。
http://www.kankouchoujichitai.com/

こちらのサイトで評価をしている内容は、通常弊社で作成する際には必ず見るポイントをチェックしています。

よくあるケースでは

  • Internet Explorerでしか確認をしていないので、他のブラウザで確認をするとレイアウトが崩れている
  • Windowsでしか確認をしていなくて、Macでサイトを見ると色が見にくい
  • 文字の大きさの変更を出来るボタンがついているのに、ほとんど画像で構成されていて文字の大きさが変わらない
  • 「アクセシビリティに対応しています」と謳ったサイトなのに、考慮されているのはTOPページだけ

などの例があります。

そういったサイトを弊社が挙げた15の評価基準に基づき評価をさせて頂いています。

「デザインが良いか悪いか」など人によって評価が分かれる基準ではなく、
「レイアウトが崩れているか、いないか」など誰が見ても評価がくだせる基準をメインにしています。

もし、御社にも依頼していない会社から評価もしくは評点が送られて来たら、
まずその評価基準が明確になっているか、その評価基準は自分たちに必要か
冷静になって考えてみてください。

その上で、送られて来た会社ではなく信頼できる知識豊富なWeb制作会社へご相談ください。