経営理念とホームページにおける重要性、そしてテクニックではない経営理念

経営理念とホームページにおける重要性、そしてテクニックではない経営理念

経営理念とホームページにおける重要性、そしてテクニックではない経営理念
会社には経営理念が必要。
経営理念は取引・入社など関係性づくりの基本となるからです。 
ホームページで成果を出したいと考えている中小企業経営者の皆さん
広告に投資をしても会社の理念がないとお客さんは判断することができなくなりビジネスチャンスを失うことになります。

このコンテンツは 2016年10月12日に作成・公開、新たに書き加えなどを行い再公開いたします

経営理念とホームページにおける重要性

経営理念は経営者のあるべき姿を成文化するもの、経営指針は 経営の方針や計画などをを示すものです。
ホームページは会社の鏡であり宣伝部であり営業でもあります。
そのため、経営理念はホームページに必ず表記することが必要です。

もし経営理念が会社のホームページに記載されていないのであれば、
その会社はどんなことが目的で、どんな価値を未来に向けてつくりあげていくのかがわかりません。

あなたの会社に取引を依頼するお客さん、あなたの会社に入社を考えている人が、何を持って判断をするのか…。
課題解決型コンテンツも大切です、取引実績も大切です

経営理念はもっとも大切な重要要素ということを覚えておいてください。

数字で判断する業界が数字で判断しない経営理念

数字で判断する業界、つまり金融業(銀行)は、決算書以外で判断する部分は
経営理念です。
経営理念の有無はもちろん、その経営理念どのように成分化されているのか、
企業の固有の役割を審査するために、経営理念を読み込みそしてその企業を評価します。

なぜ、経営理念なのか
経営理念は会社という法人の人格を表したものです。
人格のない人には評価をすることができません。

あなたが人を採用する時に、履歴書とその人(人格)で選びませんか?
そのことと同じなのです

人材が経営理念で集まる

人材、ハマ企画では人財として考えています。
経営資源でもある「人財(ヒト)」この人財を集めるため経営理念は重要です。
「よい人材が欲しい」と経営者や担当者がおっしゃいます。
よい人材とは何でしょうか?
人財はその企業にあった人しか集まりません。
今そこに集まっている人財がよい人財です。
優秀とは何でしょうか…

優秀とはあなたの会社の理念を理解し、その理念実現のために共に働きたいと思っている人です

その人を経営者自らが育てることで人財となります。
その人財の元も経営理念で集まります。
だからこそ、経営理念が必要なのです。

テクニックではない経営理念

経営指針を創る会
よく「経営理念」をつくるコンサルタントがいらっしゃいます。
よいコンサルタントは、経営者と向き合い、経営者も自分自身に向き合いながら共に歩むことで成分化します。

お金を出して経営者が向き合わず作った経営理念は経営理念ではなくキャッチコピーです。
ハマ企画の代表は東京中小企業家同友会の経営指針成文化セミナー(現、経営指針化を創る会)と神奈川県中小企業言え同友会に参加を、助言やサポートしていただく先輩経営者とともに自分に向き合い、社員と共に経営理念を創りました。

ここを埋めれば経営理念ができるよ

そのようなテクニックではなく、自分に向き合うことが経営理念となります

経営理念はテクニックでは創ることができません

繰り返します、経営理念はテクニックでは創ることができません

たまに経営理念の作成を第三者に委託する方がいらっしゃいます。
予算数百万かそれ以上で経営理念はできあがります。
経営理念をヒアリングせずつくるコンサルタントさんもいらっしゃいます。

お金を出してつくってもらった経営理念は経営理念ではなくキャッチコピーです。
経営理念はテクニックで創ることはできません。
経営者さんに伺います
「貴社のビジネスは安易なテクニックで価値を創造していますか?」

お問い合わせや購入するユーザのほとんどが会社概要のページを閲覧しています

ウェブ解析をするとわかります。
始めてあなたの会社へ問い合わせをし・資料請求・商品購入をするユーザのほとんどが必ず会社概要のページを閲覧しています。
ユーザの行動を追いかけてみてください。
たぶん9割以上のユーザが必ず会社概要のページを閲覧。
会社概要のページには会社のプロフィールだけではなく経営理念も記載。

つまり、取引を始めるとき、必ず会社概要(経営理念)をみています。

ハマ企画の経営理念

経営理念とホームページにおける重要性を繰り返します

ホームページは会社の鏡であり宣伝部であり営業でもあります。
経営理念は経営者のあるべき姿を成文化し、経営の指針を示すものです。
企業が活動している上でホームページはなくてはならないモノです。
だからこそ、自社に向き合い経営理念をつくりホームページに必ず公開しましょう