売上を上げるためには3つのポイントを知ることが重要


この記事の所要時間: 330

セミナーPRブログです。

売上を上げる3つのポイントはインターネットの中でも知ることができます

絞るポイントは3つでOK

  • お客様はどこにいる?
  • ライバルは何をしている?
  • 自分たちの目的は?

この3つのポイントはインターネットの中だけでも知ることができます
インターネットの中で知るために、調べるために、まず必要なことがあります。

売上が上がるのはお客さまにとって価値のある体験だから

「いいモノを作れば売れる」モノが少なく、モノの情報が限られていた時代はこれでも売れました。
モノの売れない時代、モノは売れるのでしょうか?

モノだけでは売れません

では何が売れるのか、それはお客さまにとって価値のある体験を提供できるものです。

価値のある体験って

  • 「買った瞬間に良かった」と思うこと
  • 「使ってみて便利だった」と思うこと
  • 「買ったことで自分が幸せになれる」と思うこと

例えばこんな価値です。
その価値ってを感じるってどんな人?

お客さまはどこでしょうか?

振り返ってみてくだください。

  • 貴社のモノを買っていただいた方はどんな方ですか?その方から買った時の気持ちを聞きましたか?
  • 貴方のモノを買っていただけていない方はどんな方ですか?何が物足りなかったのでしょうか?

今までのお客さまを知ることで、将来買っていただけるお客さまが見えてきます。
でも、そのお客さまには売ってはいけません。
価値の体験をしていただくんです。

Sten Follow Marc
Sten Follow
Marc

1回価値の体験をしていただければ、お客さまは貴社を利用するようになります。
つまり、それが売れるということです。

  • 具体的には貴方のホームページでは、価値の体験ができていますか?
  • 惜しみなく、情報を提供していますか?
  • 試すことができますか?

「これお得!」って思うとお客さまは貴社を利用していただけるようになります。
間違いありません。

ライバルは何をしているんでしょうか?

ライバルのいない市場はありません。
ライバルは必ず存在しています。だから競い合うことができるのです。
良い競い合いは、お客さまにとってもっと価値のある体験ができるようになります。

ライバル会社は貴社にとってどんなところが魅力的ですか?
意外なことに価格ではないことが多いのです。

20,000円のAndroidより100,000円のiPhoneが売れるでしょ?

「いや、iPhoneはブランドだから…」と諦めてはいけません。

MIKI Yoshihito Follow The Android attack !
MIKI Yoshihito Follow
The Android attack !

ライバルのことを知って、その中から自分の方が魅了的な場所を見つけられれば、
お客さまはブランドとして感じてくれることができます。

価値のある体験は己を知ること

己を知れば売上は上がる

結局、価値のある体験は己を知ることです。
己、つまり貴社のことです。

お客さまを知って、ライバルを知って、己を振り返り知る。
今まで気が付かなかった自社の魅力が見つかるはずです。

その魅力がお客さまにとって「価値のある体験」となります。

インターネットの中にある売上を上げる3つのポイント

  • お客様はどこにいる?
  • ライバルは何をしている?
  • 自分たちの目的は?

インターネットの中だけでも知ることができる3つのポイント
この3つのポイントについては10月5日に開催をするセミナーでご紹介いたします。

皆さまのご参加をお待ちしています。

20161005-footban