fresh

ホームページ制作、早めに公開する意味


この記事の所要時間: 148

ホームページの制作を制作会社に依頼した時、なるべく早く公開してくとも

設計、素材などなど打合せをする必要があり。
気がついたら1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と経過する場合があります。

早めにホームページを公開したくてもできない

設計は必要だけど十分すぎる必要はない
ホームページには設計は不可欠です、いえかなり重要です。

  • ユーザーは?
  • 目的は?
  • 成果は?
  • コンテンツは?
  • サイトマップ…

ホームページ制作で設計は重要ですが、十分すぎるほどの設計は必要ありません

まずホームページを公開しないと届かない

ホームページは公開しないと誰にも届きません、
貴方のサービスをいち早くお客さまに届けるためには 公開をいそぐべきです。

それは1ページでもかまいません

重要なのは検証すること

ホームページで重要なのか検証することです
予め設計されたもの、現状分析をGoogleアナリティクスでしたところで、それは仮の設計であり
仮説でしかすぎません、それと仮説というものは外れます。
むしろ、当たるより外れた方がいいのです。

外れたら検証をして改善を続ければいいだけです。
(これがPDCAというものです)

どんどん改善して更新しましょう

どんどん改善しましょう、公開したページを改善するのもいいですが、
新しいページをつくり続けましょう、更新することが重要です。

成果をだすためには植物のように育てましょう

ホームページで成果を出すため、ホームページを軸に貴社のビジネスで儲けるためには、
ホームページページを植物のように育てましょう。

ホームページを公開するためのふたつのポイント

育てるためには、最低でも届けたいユーザーと目的が明確であればいいのです。
このふたつのポイントだけで十分です。