タイムライン化したFacebookページを効果的にする


この記事の所要時間: 122

Facebookページはストーリーマーケティングを意識して

ストーリーマーケティングとは

共感・共鳴を得るための、最も有効で普遍的なコミュニケーション手段が、「ストーリーテリング」

ストーリーマーケティング 活用術

Facebookではホームページのようなコンテンツ展開ではなく、一貫性のあるコンテンツを使いストーリーを流れとしてみせる必要があります。

企業のライバルは友だち(個人)

Facebookはニュースフィードがとても重要、
ニュースフィードには様々な近況アップデートが流れます。
近況アップデートは全て同じなので企業も友だちも同じ扱い、ライバルとなるわけです。

競業他社ではなく強豪他者です。

なぜ?

興味をもったFacebookページ、
ユーザーの次の展開はFacebookページへの直接リーチではなく、
ニュースフィードからのリーチとなるからです。

共感を得るためのアップデートで効果的に

共感を得るためのアップデートをしましょう。
共感の手法はストーリーをかんじさせるもの、頻繁なアップデートではなく定期的にアップデート。
文字もシンプルに3行程度。
主役は画像や動画

「貴方と一緒に」
「参加をさせる」ではなく、まるで会話のような流れにしましょう。

タイムライン化したFacebookページを効果的にする方法です。

※参考にさせていただいたセミナー
【Rex編集長 単独セミナー開催決定】Facebookページタイムライン化を活かす8つの法則(初級者向け)

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です