多言語ホームページが必要になってくる


この記事の所要時間: 055

Translator Booths @ WSIS

多言語ホームページが必要

ソーシャル・ネットワークにより国境の垣根がさらに低くなり、
大震災により各国に向けて正確な情報発信を行ない、

日本に滞在している在日外国人への情報開示を行うために

ホームページの多言語化が必要になってきました。

今までの翻訳は原稿都度、翻訳会社へ通訳をお願いするため、
コストと時間がかかりました。

Googleなどを始めとするポータルサイトが翻訳サービスを提供する中
機械翻訳の精度が高くなってきました。

ハマ企画が翻訳サービスをはじめました

ハマ企画では翻訳サービスをはじめました。
機械翻訳では高いシェアをもつ株式会社クロスランゲージ社の「WEB-Transer@ホームページ」の提供です。
3言語「英語、中国語、韓国語」で年間費用は¥240,000。
誤訳が出た場合、辞書ツールにより最適化ができます。

正規代理店のハマ企画でも、制作導入の実績があります。

詳細はハマ企画では翻訳サービスをご覧ください。

写真 : Translator Booths @ WSIS / dweekly