株式会社ハマ企画

ホーム > お悩みから探す > 営業支援

営業支援

主なお悩み/問題 -営業支援に関してよくあるご相談

自社サービスの認知拡散に関する悩み

  • 自社をPRする方法を知りたい
  • 素早くホームページを立ち上げたい
  • 広くお客さまへ理解を得たい

売上につながる顧客開拓に関する悩み

  • ホームページを利用して顧客獲得をしたい
  • 営業や顧客情報を管理したい

起きている問題要因

問題の背景 - 自社サービスの認知拡散がうまくいかない要因

「他社の導入事例」をうのみにして「流行の」ツールを導入してしまう

インターネットや書籍にある認知拡散方法をうのみにして、やり方のみをマネしたり、
流行のツールを導入しただけで満足をしてしまう

ホームページ制作の時間がかかってしまい勝機を逃す

ホームページは会社の業務を盛り込み、沢山のページ設計図を用意し素材を集めることで時間がかかったり、
デザインが思うようにいかないためいつまでも公開できない

自社のホームページが誰に見られているかがわからない

ホームページを公開しただけで、誰が見ているかわからないので認知されているかどうかも不安が募るばかり…

問題解決のための課題化

問題解決のポイント - 認知拡散成功の秘訣

自社の市場を理解したうえで、ウェブメディアの役割を定義する

あなたの会社が存在している市場を理解します、理解の方法は3C分析のような フレームワークをつかって分解してみます。
それにより、どんなホームページが求められているのか、ソーシャルメディアを活発に利用すべきか、インターネット広告をすすめるべきか…というウェブにおけるメディアの役割が明確になってきます。
自社の現状分析を課題としましょう。

ホームページの在り方を
考える

新規事業をはじめるにあたり、多くのページが存在するホームページが必要なのか?そのホームページをつくるためのページに対する議論に時間を費やすのか?などホームページの在り方を考えます。
スピードが必要、伝えることがシンプルであれば紹介の1ページだけでも問題ないはずです。
自社におけるホームページの在り方について考えましょう。

自社のホームページのWeb解析を行い現在の自社を客観的に測定する

あなたの会社が運営し公開しているホームページを基準にお客さま(ユーザー)がどこからホームページに訪問して、どんなページを閲覧しているのか。
お問合せをしたお客さまはどんな行動をとっているのか、何時によくみられるのか、スマートフォンを利用しているのか…など、自社のホームページに対してWeb解析を行うことにより自社の客観データーを取得することができます。

客観的なデーター取得により、対象となる新規事業の仮説が立てられ具体的行動に活用することができます。

つまり、具体的な行動に必要なヒントはホームページをWeb解析することでわかります。

ケーススタディ

不動産業 S社

プロジェクト期間 12ヶ月
予算 360万円
参加人数/参加部門 経営者、営業部門担当者

背景

不動産業界は零細から大企業まで多くの企業が存在しています。
その中で、新規事業を行う時、単なる不動産業者としてのサービスではなくユーザーにとって価値のある業務であることを知ってもらう必要があり、それを的確に伝えたいという要望がありました。

施策

コンセプトワーク

コンセプトワークにより市場・顧客・競合・自社の現状を分析し事業定義を明確にしました。
事業定義からコンセプトをもとにWeb戦略を立案しました。

ソーシャルメディアの活用

スタートアップメディアとしてソーシャルメディアを活用しました。
ホームページを立ち上げるまで認知拡散として業界のさまざまな情報を毎日発信するルーティーン業務を設計し、
お客さま自ら行動をおこしていただきました。

実業と連携した集客ホームページの立上げと広告連携

実業と連携ができるよう、まずは1ページのホームページを立ち上げました。
実際の活動はFaxDM、DMを活用、補完としてインターネットの検索連動型広告を実施。
リアルとインターネットの両立で効果的に顧客獲得のための行動としました。

成果

スタートアップ3ヶ月にして、初契約を獲得。
ホームページ制作のための予算を1/10に抑え、半年後は広告宣伝費も1/10となり、
売上数字を落とすこと無く効率的かつ着実に売上を増加させました。

ハマ企画が提供できること

「営業支援」にオススメの導入プラン