株式会社ハマ企画

ホーム > お悩みから探す > ウェブを活用する組織風土づくり

ウェブを活用する組織風土づくり

主なお悩み/問題 - ウェブを活用する組織風土づくりに関してよくあるご相談

ホームページを活用できず売上に貢献できていないという悩み

  • ホームページがどんな状態なのかわからない
  • ホームページのことを誰に聞いていいのかわからない
  • ウェブ活用「コンテンツマーケティング」をやりたい
  • とにかく集客して問い合わせを増やしたい

ウェブ担当者が一人しかいないため属人化される悩み

  • ウェブ担当者が一人しかいないので忙しそう
  • ドキュメント化されていないのでやり方がウェブ担当者だより
  • 口約束なので守られない

起きている問題要因

問題の背景 - ホームページを活用できず売上に貢献できていないということの要因

ホームページがどんな状態なのかわからない

ホームページはあるが、どんな管理をしていて運営されているのかわからない。
つくりっぱなしのような状態、会社としてホームページは二の次になっているようだ

ホームページのことを誰に聞いていいのかわからない

ホームページなのに責任者も担当もわからない、たぶん総務が担当しているようなんだけど…
ホームページは専門家に任せていると言いながら総務が兼務している。
ホームページは今や会社のたらい回し、お荷物?

ウェブ活用「コンテンツマーケティング」をやりたい

ライバル会社がホームページを使って情報発信を積極的に始めている、ブログのような記事をたくさん公開「コンテンツマーケティング」というらしいんだけど、自分の会社ではできないのだろうか?相談する相手がわからない

口約束なので守られない

お願いをしていたホームページ更新作業を今週中に仕上げてくれると言ってくれたが、それから2週間たっていても更新されない。
口頭だから強く言えない。メールを送信しても情報で埋もれそうだ…
ホームページの運営を誰か管理してくれないのだろうか?

問題の背景 - ウェブ担当者が一人しかいないため属人化される要因

ウェブ担当者が一人しかいないので忙しそう

会社のホームページは自社で管理しているようだ、管理の方法は自分でブログをやっているAさん。
Aさんは総務の仕事と兼務しているので、総務業務の合間をぬってホームページの更新をしている。
営業部からいろんな依頼は来ているけど手が回っていないようだな…

ドキュメント化されていないのでやり方がウェブ担当者だより

お願いをしていた更新作業がすすんでいない。他の更新業務待ちのようだけど…
どのくらい待てばいいんだろうか…

問題解決のための課題化

問題解決のポイント - ホームページで売上に貢献するための組織風土づくりの秘訣

ホームページは会社の顔・在り方という認知を社内に広げる

ホームページは「ついでの業務」や「兼任でやる業務」という認識が社内に広がっていませんか?
ホームページは会社の顔・在り方を表現するものです。パンフレットより人の目に触れることが多く、
適当なホームページは会社のブランドに傷つけてしまいます。

  • ホームページは会社にとって大切と伝える
  • ホームページの更新を社内にお知らせする
  • ホームページの会議を設ける

これを具体化させるため

  • ホームページ検討委員会をつくる
  • ホームページの数字を月に1回告知する
    ※ホームページの数字=Googleアナリティクスなどのアクセス解析

経営者自身の課題ととらえ、ホームページに向き合うルールをつくるり社内に認知させましょう。

Web解析を学ぶ

検討委員会をつくったら、代表となるメンバーがWeb解析を学びましょう。
Web解析はホームページから成果を導くために存在する手法で、Web解析を学べばホームページの役割や用語知識が身につきます。
学び方は書籍やウェブ解析士認定講座(ハマ企画ではオリジナル講座もございます)
これで検討委員会のスキルアップとなります。
また、ウェブ運営に関わる採用を行った時のスキルチェックも可能となります。

ホームページのウェブ運営が会社の数字に貢献していると可視化させる

ホームページ検討委員から人を配置、いよいよウェブ運営体制ができあがります。
そしてとても大切なのが「ホームページのウェブ運営が会社の数字の貢献していると可視化させる」ことです。
ホームページが会社の売上に貢献をしていると社内理解ができれば、ウェブ運営の大切さが社内で理解され興味を持ち、社内でも憧れの大切な部門となります。

ケーススタディ

美容サービス業 R社

プロジェクト期間 3ヶ月
予算 90万円
参加人数/参加部門 経営者、ホームページ担当者、ほか社員さん(12名)

背景

自社の魅力を伝えたい、そのためにはホームページの大切さを理解しているが、どのようにしたらいいのかわからない。
業者に依頼(まる投げ)しても思うようにホームページが活用されていない…
問題点はこの会社さん自身が自社ホームページへの向き合いが不足しているということでした。

施策

社員研修

ホームページの大切さとホームページから売上につなげるためのWeb解析を講座形式でお伝えします。

コンセプトワーク・ワークショップ

自社のコンセプトを共有するためコンセプトワーク・ワークショップを実施し
自社への向き合いからのチームワークのシミュレーションを行います。

ウェブ運営のためのドキュメント制作

ウェブ運営部門をつくりだすためのドキュメントづくりと整理をすすめます。

事業計画書作成(単年度)

ウェブ運営体制をつくりあげるため、1年間の単年度事業計画書をつくりあげます。
これで行動が明確となり、ウェブ運営体制づくりをスタートすることができます。

成果

ホームページの役割が明確になり、全社的にホームページに向き合うようになりました。
ウェブ運営体制づくりというゴールが明確になり、担当が責任感をもってプロジェクトをすすめるようになりました。
ホームページの集客力が付きました。

ハマ企画が提供できること

「ウエブ運営部門体制づくり」にオススメの導入プラン