普及しているCMSの怖さ


この記事の所要時間: 236

弊社で制作をする際によく利用をしているWordPress

その他、XoopsJimdoなどがよく使われます。

これらのメリットは無料で使う事が出来るので、非常に普及率が高いので
色々なプラグインが開発されて、より便利に使えることです。
また、普及しているものなので、書籍などのマニュアルも充実しているため、
使い方が分からなくても使い方を学ぶ手段が揃っています。

大規模なCMSなど開発をしてもらうと、100万円単位でかかるものもあるため
無料で使えるものというと、とても重宝です。

ですが、デメリットはないのでしょうか???

普及しているCMSのデメリット

前に述べたように、普及している無料CMSにはメリットがいっぱいありますが、
もちろんデメリットもあります。

実際、弊社クライアントのサイトで起こったことです。

そのサイトは「フッター」を丸ごと書き換えをされて
「viagra」というテキストのリンクのみ表面に出ている状態で、
リンクの仕掛けがしてあったため、知らない人がリンクをクリックしてしまうと
危ないサイトへ行ってしまうという仕掛けがされていました。

その結果、Googleの警告が出て、そのクライアントのサイトを見ようとすると
その警告画面が必ず出てしまうようになってしまいました。

もちろんその後書き換えされたファイルを削除し、元々あったフッターに
入れ直し、Googleに報告をした結果、現在は警告も出ず普通に見る事が可能になりました。

普及しているCMSで守る手段は?

絶対に守れる手段というものは、正直難しいとしか申し上げられません。

ですが、少しでもハッキングされないようにする方法として、最も簡単な方法は
バージョンアップです。
バージョンアップしたらハッキングされないのか、という事ではありませんが古いバージョンの方が
されやすいということは、言われています。

オープンソースのものは誰でも入手出来るため、
比較的ハッキングするのも簡単だと言われています。

現在そのクライアントのサイトはWordPressを使用していますが、
納品後1年ほど経つため、バージョンの古いものとなっておりました。

特に古いバージョンは、ハッキングの材料とされてしまう事が多いです。

今回クライアントの事故が起こってからすぐ対処出来たのでサイトユーザーに
かけるご迷惑を最小限で済みましたが、発見が遅れてマルウェアなどに乗っ取られた
サイトからユーザーがウィルス感染したとなると、ことが大きくなってしまいます。

どうすればすぐ対処できる?

今回弊社クライアントですぐ対処できた理由としましては、弊社が必要な時だけ
更新作業をおこなっていたので、サイト構造など理解していたのですぐ対処できました。

ですので、まずは自分の会社もしくは自分のサイトは、なるべく毎日見るようにしましょう。
そして、費用はかかりますが何かあった時に相談にのってくれるWeb制作会社を
探しておきましょう。

皆様のホームページが、少しでも快適に運営できればいいですね!

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です